雨にも負けず・・・

20150208正福寺2-1a


雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
わたしはなりたい



20150208正福寺-1a


「私はそういう人間だ!」ではなく「そういうものにわたしはなりたい」だから今でも広く知られる代表作なのかな^^



20150208正福寺3a
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://stage171.blog46.fc2.com/tb.php/2665-cedbf143

Comment

YORK | URL | 2015.02.09 23:21 | Edit
宮沢賢治さん、良いですよね。
こういう人になれたら良いけど、なれないよなあって思います。
だから「わたしはなりたい」だし、これだから良いのだと思います。
ばらりん | URL | 2015.02.10 12:18 | Edit
岩手県花巻に行った事があります。
賢治の私塾、羅須地人協会入り口の黒板に
下ノ畑ニオリマス  賢治 と書かれていました。
もちろん当時のではありませんが。

須玉でそれを真似たことがありました。
またやってみたくなりました。


つっち | URL | 2015.02.10 23:08
雨の舗道に落ちた花びらに選んだこの詩、
素敵な写真ブログになりましたね。

最後までじっくり読んだのは久しぶりでした。
本当にいい詩ですね。
二回目は声を出して、音読していまいました^^

最後の4行、欲を持たない人間に…
生きている以上、本当にそれは難しいけど、
この詩を世の中に残して行った宮沢賢治は凄いですね。



ステージ | URL | 2015.02.11 19:21
YORKさん、わたしもねなりたいとは思うものの、絶対無理だと思う事があるんですよ。

一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ

これは絶対無理です。今こうしてる間も何か甘いものを食べたい・・・・
BLUE | URL | 2015.02.11 20:51
見つけた~!( ゚∀゚ )
足跡残してくださっていたので、見つけられました。
同じFC2だったんですね^^
またこちらでも、よろしくお願いします。

ステージ | URL | 2015.02.11 22:25
ばらりんさん、面白いですね^^
では、今度の撮影会では○○の改札ニオリマス って連絡しますね^^
ステージ | URL | 2015.02.11 22:34
つっちさん、そうなんですよね。写真を趣味としこうして写真日記を続けてると軽く流してしまいそうな色々な事を改めて見つめる事が出来ますね。私も改めて最後までこの詩を読みましたよ。雨に濡れた宮澤賢治像はこの詩そのものの様でした。
ステージ | URL | 2015.02.11 22:35
BLUEさん、実は絶対どこかの写真ブログをやってるなと思ってましたよ^^ たまたま色々な方のブログを拝見してたら見慣れた写真を発見しました(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

ステージ

Author:ステージ

アルバム
最新コメント
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
Tree-CATEGORY
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
都筑の風景