優しい夜空


寒さに体を震わせながら、透き通る様な冬の夜空を眺める時期がやってきました。
11月後半から12月上旬にかけてのアニソン彗星や12月中旬のふたご座流星群が待ち遠しい。

一般的に星空を眺める時、人工の光は邪魔だと言われます。
確かに吸い込まれそうな満天の星空は言葉が出ないほど素晴らしい。
しかしながらそこに人が生活しているんだと思えるような人工の明かりがあるとホッとした気持ちになったりするもので、そんな安心感を持って眺める星空は穏やかで優しい星空であったりします。


20131109東方農業地区3a



20131109東方農業地区2a


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://stage171.blog46.fc2.com/tb.php/2481-86afe149

Comment

23 | URL | 2013.11.10 10:05 | Edit
ステージ氏の星写真の殆どが家の明りも一緒に映ってるよね^^

どんな場所で撮ってるのかが分かるし、生活の中の星空って感じでステキだと思ってた^^
syouko | URL | 2013.11.10 15:26
ステージさんの星空は本当に優しくて
やっぱり撮る人の人柄がにじみ出てくるんだろうなぁ
いつも惹かれます
こんなに大きな空の下
ちっぽけな私たちが肩を寄せ合い助け合って生きていきたいなぁと思いつつ
見せていただきました
ステージ | URL | 2013.11.10 22:17
23、そうなんですよね。わざわざ遠くへ行って賑やかな満天の星空を楽しみたいと思う事もありますが、身近な神奈川にはその下に人々が生活している優しい星空があります。そんな星空が大好き!
YORK | URL | 2013.11.10 22:18 | Edit
星座の名前はあまりわからないけど、オリオン座はすぐにわかります。
最近、我が家の庭から空を見上げても、
すぐ傍にある街灯が明るくて、星が本当に見えづらくなりました。
仕方が無いからプラネタリウムにでも行ってこようかな~~~
なんて思います~ヾ(@^▽^@)ノわはは
ステージ | URL | 2013.11.10 22:20
syoukoさん、そんなに人柄よくないですよ^^;
きっと私は星空を眺めながら、自分が生きる地を見つめてるのかも・・・・
ステージ | URL | 2013.11.10 22:31
YORK さん、オリオン座は明るい星が集まってるのでわかり易く親しみ持てますよね。これがわかると傍にはとても明るい星(シリウス)を含むおおいぬ座があります。オリオン座を構成する星のひとつ(ベテルギウス)は近い将来、超新星爆発すると言われたりしますが実際はどうなのか私は全くわかりません。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ステージ

Author:ステージ

アルバム
最新コメント
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
Tree-CATEGORY
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
都筑の風景