プロフィール

ステージ

Author:ステージ

最新コメント
最新記事
リンク
Tree-CATEGORY
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
アルバム

ご無沙汰です。

Wed.16.03.2011 7 comments
福島第一原発事故で情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集る一方、最悪の事態を避ける為、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員も居る。地方電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。
会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
男性は13日に、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願した事を明らかにした。話を聴いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じる事もある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。
東京電力側の受け入れ態勢が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別な事にしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行って欲しく無かったが、もし何かあっても自分で決めた事なら悔いは無しと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやってるという自信があったんだと思う」と話す。出発を見送り、「現地の人に安心を与える為に、頑張って来て」と声をかけたと言う。(某ニュースより)

本当に守らなければならないものの為に命がけで働く人も居るんですよ!
何もかも自分や会社の体裁優先で動いてきたトップや幹部の方々、分かりますか?
(今回の件でもあんた達は最悪だよ)

ついでに自衛隊は暴力装置だと言った民主党のSさん、一番前線で我々を守る事に命を張ってくれてますよ!


地震以来、計画停電とやらで会社に遅れまいと5時過ぎに家を出て、時たまビルが揺れ、家に変えると犠牲者や被災者のニュースに心痛み、「大丈夫、大丈夫・・・」と言う評論家や政府、役人の言葉と裏腹に実際に起きている事は最悪。


こうして書いてる間も震度3の地震が・・・・
まぁ、今は写真を撮る気にもなりませんが、家族揃って話したり出来るのだから幸せだね。何があっても家族揃って居ようと家内と話したりする日々です。
関連記事
スポンサーサイト

« 愛情 - Home - タイトルなし »

7 comments
お疲れ様です計画停電や余震日頃の何倍も大変な通勤
本当にご苦労様です
保身のために危険にさらされる人たちの努力を
日本の上に立つ人たちの何割が分かっているのだろうと
憤りをもって画面を見ています
日々危険な作業に従事している人も被災者であり家族が居るんです
国会でえらそうに最善を尽くしています
そんな言葉を繰り返すだけの人にもううんざりだと言ってやりたい
そんな想いになって居るんだ国民は・・・
本当に分かっていないなぁと怒りを通り越して悲しくなります
まだまだ余震等大変だと思いますが
気をつけてね
また、平安な日々を撮影できる日が一日も早く戻りますように
そうだよ・・・彼等は覚悟を決めてるんだよ・・・23も書いた通りだ・・

使命と勇気と・・・誇りと・・・日本を守る侍だ・・

のうのうと飯を食ってる東電の天下りとは違うんだ・・

天下りが突入すべきだと思うが・・

岩手出身の民主党のOさんは、何をしていらっしゃるのでしょう・・
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
生きること
精一杯自分のできることとして、買い占めをしない。
必要数だけ購入する。エネルギー消費に関しては、マイカーを使用しない。ガソリンは物資を運ぶ車などが困らないように。
夫とのマメな連絡で、生活をコンパクトにして助け合う。

それでも切ない
何か被災者の方のために出来ることが見当たらない。
遠戚には連絡がつかない人がいる
彼女は妊婦のはず。

とにかく、物資を届けた時に混乱しないよう、行政が壊滅したところは
その地域出身の国会議員が首長代理となって
地域住民、被災者の現状を把握し
必要物資を調達するようにすべきだと思う。

物資が届くのに地域によってばらつきがあると報道しているけれど
報道しっぱなしでおくのはやめてもらいたい
批判やマイナスな気持ちだけが増幅してしまうようで
とても心配になります

生きることは厳しくつらいことです
ただ 生きようとする人がいるから
知らず知らず支えあえているのだと思う

毎日変わる停電時間に生活のリズムが崩れて
とてもストレスがたまるのですが
明かりがついている時間が多いだけで幸せだと思います

何もできないけれど
自分の事を精一杯頑張れば 一所懸命生きていれば
それがきっと 誰かのためにつながると 信じて 頑張りましょう

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop