霞ヶ浦の日の出

20140504霞ヶ浦総合公園32a

霞ヶ浦で夜~朝の時間を過ごしました。日本第二位の湖沼(霞ヶ浦)は広く静かな湖でした。
ちなみに日本第一は琵琶湖。
次に霞ヶ浦。
ここまでは知ってましたが、
順にサロマ湖、猪苗代湖、中海いう順位の様です。


20140504霞ヶ浦総合公園41a

4:50分、久し振りに眺める綺麗な日の出。




20140504霞ヶ浦総合公園51a

殆ど使用する事ありませんが、HDR設定で撮ってみました。

20140504霞ヶ浦総合公園49a

こちらはコントラストを上げてのモノクロ設定
たまには普段使わない設定でのカメラ遊びも面白い。
スポンサーサイト

夜明けの飯岡漁港と九十九里平野

20130506飯岡刑部岬展望館3a


真っ暗な夜も明け、東の空がほんのりとオレンジに染まる頃の西側(飯岡漁港と九十九里平野)の風景です。
穏やかで美しい夜明けの風景ですが、実はこの一帯はあの日関東でも津波被害を受けた場所なんです。


20130506飯岡刑部岬展望館a


何も知らずに訪れたこの「飯岡刑部岬展望館~光と風~」からの景観、実は、「日本の朝日百選」「日本の夕陽百選」「日本の夜景百選」「関東の富士見百景」とかなりの名所でもありました。


飯岡刑部岬で過ごすみずがめ座流星群の夜

5月5日の夜から6日の朝にかけていつもの相方と一緒に千葉方面へ気まぐれな夜間ドライブに出かけました。
人々が床に入ろうとする時間に出発し、最後の休日を何処かへ出かけようとする時間には遊び終えて帰るのでGWの渋滞なんて無関係です。その為、旅行会社が企てる様な○○の名所を訪れ、○○のお店で食事をして、○○へ行って・・といった企画は無し。でも、そこに沢山の星が輝き、綺麗な朝陽が昇り、海や山があれば私には最高の名所になってくれます。

とは言っても何も知らずに星空や朝を楽しんだ場所でしたが、家に帰って調べると、「日本の朝日百選」「日本の夕陽百選」「日本の夜景百選」「関東の富士見百景」とかなり有名な観光スポットだったようです。


20130306いて座に流星(みずがめ座流星群)4a

この日はみずがめ座流星群の夜でした。いて座とさそり座の方角にカメラを設定していると偶然にも天の川を横切る流星が写ってくれました。


20130306刑部岬3a

明るい光があるところ(飯岡刑部岬(ぎょうぶみさき)展望館 ~光と風~)で私達は夜から朝を過ごしました。



夏の大三角形

頭上にはこと座のベガ、わし座のアルタイル、ハクチョウ座のデネブが大きな三角形を描いてます。
(夏の大三角形)



20130306刑部岬 月出6a

やがて夜明けが近い事を知らせてくれる細い月が出てきました。月の左上にはくっきりと4つの星が四角形を描いてます。秋の代表的な季節線でもある「秋の四辺形」です。



20130506昇る月4a

午前4時を過ぎた頃、すっかり空は夜明けの色。賑やかだった沢山の星は消え、取り残された様に細い月だけが東の空に浮かんでます。

マザー牧場~成田空港

1月・14日(5日)
2月・5日(2日)
3月・5日(4日)
4月・1日(0日)
5月・3日(1日)
6月・3日(1日)
7月・4日(0日)
8月・10日(2日)
9月・5日(1日)
10月・2日(1日)
11月・9日(4日)
12月・11日(8日)

これが何かというと2010年の横浜の夜の天気で、月の後ろの日数が「晴れ」。その内「快晴」がカッコ内の数字。
こうして見ると一年を通して雲ひとつない夜空に出会えるのはほんの数日程度。

18日のしし座流星群の夜の天気も「晴れマーク」となってたのですが、残念ながら朝まで雲が空を覆いました。
夜の天気は気まぐれで、なかなか願い通りにはいかないものです。そんな時は車の中で寝るしかやる事はなく、
真っ暗なマザー牧場の道路脇に車を止めて空が明るくなるまで就寝。

20121118マザー牧場a



20121118マザー牧場1-1a



20121118成田-1a

海ほたるPA

20121118海ほたるa

前のブログで知り合って6年。悪友か良友かと聞かれれば私にとっては間違いなく大切な良き友。
横浜・東京・埼玉・軽井沢・御宿・秩父・日光・三浦・赤城山・河口湖・・・・・
過去の写真を振り返らなければわからないほど気ままな行動を積み重ねてきました。

そんな良友としし座流星群の17日の夜、久々に千葉方面へ夜間非行。


20121118海ほたる2a

千葉へ向かうのに利用したのは「東京湾アクアライン」
海底部分が約10キロ、海上ブリッジ部分が約5キロで神奈川県(川崎)~千葉(木更津)間を横断してます。
海底部分と海上部分の境目にあるのが「海ほたるPA」
このPAでは千葉方面~東京~神奈川のウォーターフロントをぐるりと見渡す事が出来、
利用客の多くは一気にアクアラインを通り抜ける事無く、このPAをひとつの観光場所として利用してる事でしょう。

20121118海ほたる7a


人工島のPAには何種類かのモニュメントがありますが、特に目を見張るのが海底トンネル掘削に使用された
巨大シールドマシンのカッタ―フェイスを復元したモニュメント。
これを見上げる度に「これがぐるぐる回ってこのトンネルを掘り進んだのだなぁ・・」と実感させられます。

20121118海ほたる4a
暫くここで写真を撮って過ごした後、一番の目的でもある星空目当てに千葉(マザー牧場)へ向かいました。
プロフィール

ステージ

Author:ステージ

アルバム
最新コメント
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
Tree-CATEGORY
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
都筑の風景