天城越え


20150815伊豆スカイライン-1a


舞い上がり 揺れ堕ちる肩のむこうに
あなた・・・山が燃える

何があっても もういいの
くらくら燃える 火をくぐり
あなたと越えたい 天城越え



天城を超えたら身も心もボロボロ状態に・・なりそうな歌詞


20150815伊豆スカイライン3-1a



この辺りは雨や霧で視界を遮られる事は多いものの、
私の天城越えは石川さゆりさんの「天城越え」と違い、車でスマートに天城越え。
スポンサーサイト

朝の山中湖

20141123山中湖19a

陽が昇って暫くすると湖畔の霧が切れて青空が見えてきました。
富士山待ってましたよ!




20141123山中湖27a



「高速を使わずに車で行くと自宅から山中湖まで2時間30分ぐらい。昼間ならもっとかかります。
出発は土曜日の夜8時。高速は使わずに国道246ー412ルートで服部牧場へ向かいしばし牧場の星空を眺めました。
11時30分頃牧場を後にして山中湖へ抜ける道志道という一本道を星空を撮りながら走って山中湖に到着したのは1時30分でした。少し車の中で仮眠したしながら近くの三国峠で富士山と星空を撮って楽しみ、夜明けの頃には山中湖周辺で湖と富士山を撮って10時頃には富士山とさよならしました。帰りは御殿場ICから東名高速利用。」

朝もや

霧が出てしまい綺麗な朝焼けは見る事は出来なかったが、朝焼けにも負けない素晴らしい朝に出会えました。

20141123山中湖1a






20141123山中湖4a






20141123山中湖11a

富士山と蓮華畑(東田子駅の浦下車)

今回は平日休みがとれた弟と一緒に帰省。ただ私は二日続けての休みがとれない弟より一日遅れてひとりの戻りとなりました。たった二泊三日の短い帰省でしたが、「狭い日本 そんなに急いでどこへ行く」という子供の頃、何処へ旅行しても目についた交通標語を思い出すかの様なのんびりしたスローペースな帰省でした。

そんなスローペースな帰省の締めに帰りは静岡まで新幹線。静岡からは三年前の春に立ち寄った蓮華の花が咲き富士山がとても綺麗に見えた場所を再度訪れてみたいという思いから普通電車での超スローな帰宅となりました。


20130409東田子の浦3a

日本のシンボルでもある穏やかな富士山を眺めながらも「この素晴らしい山がねぇ・・・ 頼むから何時までも眠っていてくれよ!」なんて思ってしまいました。


20130409東田子の浦8a



夜の山中湖にて

 
何度か書いてますが、気象庁が発表する「晴れ」とは全天に対して2以上8以下です。
星空を楽しむ場合はやはり1以下の「快晴」がベストです。
ただ、この「快晴」の夜が一年を通してそれほど多くあるわけではありません。
ましてや翌日仕事が無い日、かつ月の無い夜ともなれば限りなく確率が低くなってしまいます。
例年、この時期から年明けにそんなチャンスが訪れる可能性が高くなります。

自宅より片道100キロ。家族で訪れる昼間は東名高速を使用しますが、星空を楽しむだけだので
そんなに急ぐ必要も無く、高速を使用せず目的地までの勝手気ままなひとりドライブを楽しみます。

20111126山中湖17a



20111126山中湖9a


二枚の写真は約7,8分シャッターを解放しています。実際にはもっともっと暗く、
気ままな心の目に任せてカメラを設定する事でカメラは新しい世界を写し出してくれます。
たいした趣味も無く、熱しやすく冷めやすい私が長くカメラの趣味が続くの理由のひとつでもあります。

そう言えば熱してるわけではないけど(^^;)冷めないものが他にもありました・・・
プロフィール

ステージ

Author:ステージ

アルバム
最新コメント
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
Tree-CATEGORY
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
都筑の風景