京都駅0番線


20171221 19時33分発 草津経由(普)柘植行き1Ha



仕事帰りの人達が帰宅する時間帯。
向こう側の2番線(琵琶湖線)は沢山の人。それに対して0番線(北陸線)は人の姿もまばららで対照的。


あれっ、1番線は?
0番線と2番線の間の線は現在貨物用の線路となってます。
スポンサーサイト

雨の京路地


20171224京都H1a



夕方から降り出した雨。
「京都の雨に濡れたいの 濡れたいの」なんて歌詞があるけど、
年に一・二度の帰省の際の雨ってなんとなく楽しい。





20171224京都a







20171224京都Ha




黒門通元誓願寺上ル(京路地)


今回の帰省の中で最も歩いたのがこの界隈。
地下鉄烏丸線今出川駅下車して西陣方面へ。そこから北野天満宮→嵐電北野線終着駅の北野白梅町駅から線路にそって
テクテク帷子ノ辻駅まで歩く。学生時代に立命館や京産大の下宿仲間が居てよく泊まり歩いた思い出の場所。楽しかった
あの頃を懐かしみながら歩きました。


20171224西陣3a




今出川通り沿いを歩いてると気になるお家三兄弟・・





20171224上京区黒門通元誓願寺上ルa



こちらが知る人ぞ知る細い路地、上京区黒門通元誓願寺上ル 黒門図子
「図子」とは袋小路の路地の突き当たりを貫通させ、通路として開放したものを図子と呼ぶ。
路地と異なり、一般の通り抜けが認められているとの事です(ウィキペディアより)





20171224西陣2a




街角の家の玄関先にはこんなに立派なキャベツが置かれてました(笑)

京路地(あじき路地)


20171222あじき路地-1a




帰省中にぶらぶら街角を散歩してるとふと気になる路地が目に入り
誘われる様にこの路地に足が向かった。






20171222あじき路地2a




後でネットで調べると京町家の「名物長屋」としてけっこう有名な場所の様で私が何も知らなかっただけでした^^

いざ!千本鳥居へ

昨年暮れの帰省の日記の続きですが伏見稲荷大社へ行くならここを外す事は出来ません。

http://stage171.blog46.fc2.com/blog-entry-3073.html



20171225伏見稲荷10-2a



千本鳥居の入り口にいきなり半袖、背中には汗がびっしょりの気合いの入った外国人。
あまりに真剣なのでしばし通るのを躊躇してしまうが私に気付くとすぐに三脚を横にずらして「どうぞ」とニッコリ。





20171225伏見稲荷9



鳥居の中を撮る写真は多く目にしますが少し鳥居を外から眺めるのも面白い。





20171225伏見稲荷8Hb



TVで見た事がある古くなった鳥居の残骸?





20171225伏見稲荷16-1a



途中、キツネもこっそりこちらを眺めてたりする




20171225伏見稲荷14Ra


だいぶ進んでゴールはあともう少し!




20171225伏見稲荷19a



漸くゴールが目の前に
と思えば背後からやって来たのは初めて目にする光景!
まさかまさかここを車が通るとは思いもしなかった。





20171225伏見稲荷20-3a


手慣れたハンドルさばきの車はお正月準備の為の蝋燭を運んで来た業者さんでした。
プロフィール

ステージ

Author:ステージ

最新コメント
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
Tree-CATEGORY
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
アルバム